精彩日文晨读 

导读:じぶんじんせいえんしゅつか1.自分の人生の演出家になるにんげんよなかあいま人間というものは世の中に合わせて生きているうちに、いつの間にじぶんみか、自分を見うしなってしまうことがよくある。じぶんみうしなそとがわしげきふまわたにんかんか自分を見失うと、外側にある刺激に振り回されたり、他人に感化されたりしやすくなる。じぶんじんせいおくじぶんじぶんじんせいえんしゅつ

精彩日文晨读 

じぶんじんせいえんしゅつか

1.自分の人生の演出家になる

にんげん

なか

人間というものは世の中に合わせて生きているうちに、いつの間に

じぶん

か、自分を見うしなってしまうことがよくある。

じぶん

みうしな

そとがわ

しげき

まわ

たにん

かんか

自分を見失うと、外側にある刺激に振り回されたり、他人に感化されたりしやすくなる。

じぶん

じんせい

おく

じぶん

じぶん

じんせい

えんしゅつか

自分らしい人生を送りたければ、自分で自分の人生の演出家にならなければならない。

えんしゅつか

やくしゃ

こせい

かんが

やくしゃ

ただし、演出家といっても、役者の個性オアもり考えず、役者を

こうそう

じつげん

みずからの構想を実現するためのコマとしが見なさないような

えんしゅつか

えんしゅつか

こせい

演出家もいる。そのような演出家になってしまうと、あなたの個性

よくあつ

は抑圧されてしまう。

こせい

えんしゅつか

じぶん

なか

さいのう

かんさつ

個性を引き出す演出家になるには、自分の中の才能をよく観察してみなければならない。

かんさつ

じっさい

ちょうせん

観察するだけではなく、実際にいろいろと挑戦してみることも

ひつよう

必要だろう。

じんせい

なお

ぶたいげいこ

おも

人生をなんどでもやり直しがきく舞台稽古だと思えばよい。

えき

やくしゃ

せいちょう

ヤリヤスイ役だけをしていたのでは、役者としての成長はなく、

こせいはな

せっかくの個性も花びらかない。

こせい

たしょう

むずか

やく

あた

ひつよう

個性を引き出すには多少、難しい役を与えてみることも必要なのだ。

ぎゃっきょう

しれん

ようきゅう

逆境という試練は、まさにいろいろなことが要求されるだけに、

えんしゅつか

うで

やくしゃ

せいちょう

演出家としての腕を見せどころであり、役者として成長するよいチャンスでもある。

せいねん

2.青年がすべきこと

ひとびと

ふつうせいねん

じんせい

ときかれ

じんせい

人々は普通青年は人生を知らぬと言う。だがこういう時彼らは人生

じんせい

にんげん

きず

おお

とはまさしく人生を知らぬ人間によって傷がれるという大きな

じじつ

わす

ぼく

けっこん

けっこんせいかつ

なに

事実を忘れている。僕らは結婚するとき、果たして結婚生活とは何

しょくぎょう

えら

かを知って要るであろうか。まためいめいの職業を選んだとき、

ぼく

しょくぎょう

じっち

僕らは果たしてその職業が実地にどのようなものか知っていた

かんが

ぼく

せいねん

こころざし

たか

であろうか。こう考えてはじめて僕らは青年が志を高く持つべ

ひつよう

ほんとう

りかい

せいしゅん

ぼく

き必要を本当に理解するのではなかろうか。なぜなら青春とは僕

じんせい

たい

おお

けつだん

らが人生の未知に対して大きな決断の下ろすべきときであり、その

けつだん

ぼく

しょうがい

しはい

決断がやがて僕らの生涯を支配するものだからである。

せいねんなにたいせつかんがだんおこなじんせい

青年にとって何より大切なのは、まじめに考え、断じて行う人生

ねつじょう

かれ

しょうがい

かいこん

ほんとう

への熱情であろう。もしこれをかけは彼の生涯は悔恨をすら本当

に知ることはできない。

じぶんひとり

じかん

3.自分一人の時間を持とう

ついたち

じぶんひとり

じかん

あなたは一日のうちで、自分一人の時間というものを、どれだけ持っているだろうか。

ひとり

じかん

たいせつ

一人だけの時間を持つことは、とても大切なこと。そしてとてもすばらしいこと。

にんげん

人間というものはどうしても、いろいろなものに巻き込まれて生き

じぶん

かえ

はな

ている。だからこそ、自分を振り返るためにも、離れてみることが

たいせつ

大切なのだ。

じんせい

ぶんしょう

くとうてん

ひつよう

人生には、文章の句読点のようなものが必要だ。

くとうてん

こころ

へんか

ちょっとした句読点を置くことによって、心に変化を生み出した

ものごと

ちが

かくど

り、物事を違う角度から見たりできるようになる。

ぎゃく

なに

くとうてん

逆に、何かにとらわれていくということは、日々、そうした句読点

うしな

を失っていくことでもある。

すこじかんまいにちにじゅうぷんさんじゅうぷんせいかつくとうてん

ほんの少しの時間でもいい。毎日二十分か三十分、生活に句読点をつけるようなことをしてみてはどうだろう。

にっき

すがお

日記をつけるのでもいいし、サンボするのでもいい。とにかく、素顔

じぶん

ばしょ

すがお

じぶん

もど

じかん

の自分が出せる場所、素顔の自分に戻れる時間を見つけてほしい。

くふう

むずか

これは、ちょっとした工夫さえすれば、そう難しいことではないだろう。

いま

じぶん

じぶん

じかん

くふう

今すぐにでも、自分で自分だけの時間を持つ工夫をしてみてもらいたい。

じかん

かえ

ひとり

じかん

きっとあなたは、その時間で生き返る。一人の時間というものが、

じぶん

いや

じゅうじつ

しん

いかに自分を癒し、そして充実させてくれるものなのか、心から

じっかん

実感できるはずだ。

せいかつ

あいさつ

4.気持ちよい生活は挨拶から

じゅきょう

どうとく

まわ

もうとう

あいさつ

いまさら、儒教の道徳を振り回すつもりは毛頭ないが、挨拶は、

せいかつ

うえ

生活を気持ちよくしていく上で欠かせないものだ。

あいさつ

じゅんかつゆ

ひと

ひと

けしょ

もし挨拶という潤滑油がなかったら、人と人とのコミュニケ所んは、

ちが

ずいぶんギクシャクしたものになるに違いない。

じぶん

たにん

なかよ

たにん

けところ

自分が他人と仲良くなるのが下手だとか、他人とのコミュニケ所

いおもほうあいさつ

んがうまく行かないと思っている方は、挨拶をきちんとしているか

ほう

どうかをチェックしてみた方がいい。

せいしんてき

はじ

ひと

あいさつ

めんどう

精神的に落ち込み始めると、人は挨拶するのが面倒になり、いつ

しょうりゃく

省略しがちになる。

おも

じつ

しかし、なんでもないことのように思えるそうしたことが、実は、

たにん

あいだ

かべ

つく

おお

しょうがい

他人との間に壁を作る大きな障害になったりするのだ。

あいさつ

しょ

とり

もちろん、挨拶はあくまでコミュニケ所んの取っ掛かりにすぎない

じじつ

ことも事実である。

あいそ

ひと

あいさつ

ほんしん

おお

かく

やたらに愛想のいい人の挨拶は、本心を覆い隠すためのベルのよう

うご

な動きをすることもある。

あいさつ

しぜん

気持ちのよい挨拶というものは、やはり自然に出てくるものだろう。

べつ

いしき

あいさつ

ことば

くち

別にこしらえるでもなく、意識せずに、挨拶の言葉を口にしている

じぶん

こころ

ひら

しょうこ

おも

ときには、自分の心が開いている証拠だと思っていい。

すこ

あいさつ

ちゅうい

たにん

かんけい

少し挨拶に注意を向けてみるだけで、他人との関係が目に見えて変わっていくこともありうるのだ。

せいかつ

あいさつ

はじ

気持ちよい生活は挨拶から始まる。

博泰典藏网btdcw.com包含总结汇报、高中教育、外语学习、高等教育、经管营销、出国留学、自然科学、工程科技以及精彩日文晨读 等内容。

本文共5页12345